LINK

車での事故は、あなただけの事故と他人が関与した事故が存在します。

自分だけで起こした事故の場合は、自分自身だけで対応が済めば終了となりますが、他人を巻き込んだ交通事故はお互いにどの割合で落ち度が存在するのかを確かめて、この結果によって故障した車の修理のお金や和解金の金額等が確定しますので自動車保険会社の人を交えての交渉が欠かせません。

大概の自動車事故状況で各々に多少の責任がある状況が普通でどちらか一方だけの手落ちを言及する場面は少ないです。

赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視したなどはかなり重大なミスになりますが、被害を受けた人であっても注意不足があると判断されます。

自動車での事故のケースではどの人の過失が原因で起こったかという判断がかなり焦点になりますのでこれを分かりやすく伝えるのが過失割合なのです。

例をあげるなら、先ほど登場した赤信号で進んでしまった、一時停止で止まらなかった事情であれば法の規則上事故を起こした側にすべての責任があるように考えますが、この場面で事故を起こした自動車が対面から来て正面を見て確かめられたケースだと被害者でも注意不足であったとして1割程度の過失が指摘される可能性は0ではありません。

言うならばこの状況では相手9割、自分が1割過失割合と言われ責任が大きいとそれなりの過失が問われる事になります。

さらに車の事故の過失割合は車の事故の判例を参考にして決定する時が大半で日弁連交通事故相談センターから明らかにされている過失割合認定基準表となるものが基準として使われます。

この過失割合で、値が高いほど落ち度結論として賠償額も大きくなってしまうので、話し合いは当事者だけでなく保険の担当者を交え慌てずに話すことが大切です。