LINK
自動車重量税、別称重量税は、国産メーカーの自動車あるいは海外の車というような愛車の生産国やハイブリッドカー、クーペという車のタイプも全て同じで、例えば、トヨタやGM、等でも普通に負担が必須なもののことをいいます。新車を登録する場合あるいは定期的にある車検を受ける時に払わなければいけない税金になります。この支払金額はそれぞれの愛車のウエート毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」は全く別のものなので、基礎を理解して混同しないようにする必要があります。「自動車重量税というものはクルマの車重毎に」「自動車税という税金は車の排気量毎に」金額が違います。それで買取時の待遇も変わってきますから、注意しなければなりません。クルマを売却する際には支払い済みの税金がいくら残っていた場合でもその税額が返ってくるようなことはありませんが、一方で、自動車税の時は既に支払った金額を査定額に上乗せしてくれるといったケースがなくはないですが、重量税の時は上乗せになるようなことはほとんどないはずです。重量税の場合は、自動車の処分時に既に納めた金額が残っているとはいえ中古車買取専門店にてそれが材料になることはほとんどないです。ですから次の支払い、つまるところ車検まで待機して手放すというのが無駄がないと思います。車買取時は考慮されない重量税ですが、ある場合だと返還されることがあります。これに当てはまるのは車検が残ったままのクルマを廃車にする際です。要は抹消登録をした際に残存期間に応じて重量税が還付されます。しかし、買取の際はその車が廃車になるのとは違うので返金されません。それから、愛車の名義変更をした場合や、盗難された場合も返金してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っているクルマを買い取るというのは車検がまだある中古車ということです。そういったことを買取店も忖度しますから自動車重量税が残っていれば、ある程度買取金額は増えることでしょう。もちろん売却額は業者により違ってきますが、車検が残っていることを計算に入れてもらえば、車の買取金額と比べるとそれほど損をするということもありません。